留学先にベトナムを選んではいけない

遊びすぎちゃいました。ベトナムありえん楽しかったです

UNOをしてたら隣の奴に思いっきりビンタされた話

 ベトナム縦断中に泊まったホステルの3階にカフェがあって、溜まってた地元の中高生に誘われてUNOをプレイしてたんですね。

 そしたら開始してまもなく、右のメガネの坊主に思いっきりビンタされたんですよ。ピシャーンッって。思いっきり。もう何が起こったのかさっぱり分からないし、What!?って軽くキレそうになったのですが、なんと、驚いたことに、ローカルルールでした。 

 ☆8を出したら、左隣の人にビンタができる。

なんだその戦略性のかけらもないローカルルールは。久しぶりにカルチャーショックを受けました。ちなみに自分の左隣は女の子で、年上の自分が強く叩くわけにもいかないので、なんだかなぁ~と思いながら、8を出すたびに軽くペチッと叩いてました。謎UNO。

 ローカルルールはまだ続きます。ビンタを受けたと思ったら、今度は突然みんながダダッと手を重ね始めました。もう何がなんだか分からん、今度は何だよ、と聞いてみると、

 ☆7を出したら、そのカードの上に手を重ねていく。一番最後の人は2枚引く。

やっぱり謎ルールではあるんですけど、これがまぁまぁ楽しいんですね。誰かが7を出す(出そうとする)と、うわぁぁぁってカルタの最後の1枚取るときみたいな感じで盛り上がるんですよ。頭を使うというよりフィジカルな戦いにはなるんですけど、それなりに面白いです。ただまぁ右隣のメガネは手汗がすごかった。それからもう1つ。

 ☆5はサイレントカード。次に誰かが5を出すまで話してはいけない。話したらペナルティーで2枚引く。

これも初めてだったんですけど面白いです。誰かが声を出してしまって、「あーお前いま喋ったー!」て声に出すと自分もペナルティーを喰らうシステムになってます。結構気をつけなきゃいけないです。

 以上がベトナム(一部)のローカルルールになります。UNOやってるときにふとこの記事を思い出したら加えてみてはいかがですか。

 なおこの話を同室のヨーロッパ人としてたら、俺の国にも似たような遊びあるよ、ってトランプのゲームを教えてくれまして、そのルールが、

 ☆ひとりずつ順番にトランプを引いていって、

  ・A:引いた人以外が酒を飲む。

  ・2:1人指名してその人が酒を飲む。

  ・3:カードを引いた人が酒を飲む。

  ・4:女性が酒を飲む。

  ・5:行動コピーゲーム?をして負けた人が酒を飲む。

  ・6:男性が酒を飲む。

  ・7:全員酒を飲む。

    (・・・省略・・・)

  ・K:テーブル真ん中のグラスに酒を1杯注ぐ。4枚目のKを引いた人がその酒を全部飲む。

とりあえずカードを引いて酒を飲む、カードを引いて酒を飲む、というゲームです。普通に飲み会してろよ。ってめちゃめちゃ思いました。やっぱり欧米恐ろしいですね。調べてみたらKing's cupというゲームらしいです。死ぬほどお酒を飲みたい人たち同士でぜひやってみてください。(自分はほろよい1缶で吐くくらい弱いのでできません。人生辛い。)

※ちなみにUNOが遊べるのはクイニョンのO.M.E hostelという所です。もしクイニョンを訪れる機会があれば行ってみてください。3泊で10ドルという破格でした。